MENU

個人再生とはどんな手続きか

個人再生とは裁判所に申立を行い借金を減額して貰う手続きのことです。自己破産ではマイホームは差し押さえとなりますが個人再生では条件さえクリアすればマイホームは残すことが可能です。個人再生では借金額によって最低弁済額が決まる仕組みになっています。借金額500万円以上1500万円未満で最低弁済額は借金額の5分の1となります。借金額3000万円以上5000万円以下では借金額の10分の1まで減額されますので多額な借金を抱えてしまった方に良く選ばれています。その代わりに5000万円以上の借金額では個人再生はご利用できないです。個人再生は裁判所を通す手続きのために個人の方が進めるのは難しいです。弁護士なら借金問題にも精通しており個人再生の手続きを代わりに進めて貰えます。まずは東京都内にもある弁護士事務所でご相談しますと個人再生のメリットやデメリットや弁護士費用などについてご説明があります。ご依頼すると債権者に受任通知を発送し取り立てがストップします。申立に必要な書類を揃え必要事項に記入して裁判所に提出します。申立後の2か月から3か月の間は家計収支表をつけ、さらに通帳に一定額積み立てしていきます。家計収支表と通帳を再生計画案と一緒に裁判所に提出します。再生計画案が認められますと個人再生の手続きは終了、再生計画案に沿って借金が減額されます。その後は減額された借金の返済を行います。基本的には3年間で特別な事情がある場合は5年間で返済します。返済するための安定した収入があることが必要です。東京都内にもある弁護士事務所では個人再生が適切であるかどうかも判断してくれますので多額の借金で困ったときは相談してみて下さい。